ホーム > ブログ > 副業で海の家は儲かるけど危険な任務もあり

副業で海の家は儲かるけど危険な任務もあり

みんな副業でやってる海水浴の店を開いたらおぼれている人を助ける人がいたらいいそれが、当初、おばちゃんがそうだった。店をほっぽりだして、溺れている人を売っている浮き輪を抱えて助けに行った。それはあの時・・・海の怖さでしたおばちゃんは海女さんもしていたことがあったので素もぐりは得意だったそうですそれが彼女を助けられたといいます。その彼女がいまではお見せの看板娘だそうですよ。すごい縁ですよね。

ホンマに、典型的な日本人。仕事でこんなおもろいおっちゃんいいわね。

店主といるとめっちゃ面白いので楽ですね。店主と実家の犬といると言葉は出さないけど
漫才しているようになるのが不思議。犬は、ワンとしかいえないから漫才にはならないけど。
本当に、タイミングよくワンと言ってますからこちらの言ってることがわかるんでしょうね。

楽しい、相棒って感じ。犬がとってもさびしがっているそうです。相棒は少しの間いなくなるので・・・・今日から1週間は会えなくなるんだけどね。電話ではワン、ワンと言っているみたい。


記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
このエントリーをはてなブックマークに追加